スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<トマト>声かけ&モーツァルト効果!? 1粒の種からたわわに(毎日新聞)

 恵庭市の「えこりん村」で、昨年11月に植えた1粒の種からトマトの苗が成長し、広がった茎に真っ赤に熟した多数の実が揺れている。

 土を使わない水耕栽培で育てた。肥料の濃度と水温を一定に保ち、多くの酸素を根に流すと、土で栽培した場合とは比較にならないほど根が伸び、茎は根本が直径約5.5センチに、葉は柱に支えられた棚をつたって幅8メートルほどに広げるまで育った。

 これまでに実ったのは2795個。トマトの木が気持ちよく育ってくれるように、朝と夕方にはモーツァルトの名曲をかけ、お客さんからはトマトに声をかけてもらうというユニークな試みで、今年の10月までに2万個の収穫を目指す。【平田明浩】

【関連ニュース】
<トマトたい焼き>特産トマト果汁入り 大崎でお目見え /宮城
<変異トマト>筑波大遺伝子実験センター 850種公開 /茨城
<トマト自販機>もぎたて好評 農園脇の販売機で−−市原 /千葉
<すくすくレシピ>第167回 「トマトのステーキ」
<もう一度食べたい>青臭いトマト もっちり野の香り 大玉は裂けやすく

<東急大井町線>男性はねられ死亡 世田谷の踏切(毎日新聞)
<会社役員殺害>「人違い」逮捕の組員供述 07年・高崎(毎日新聞)
<国会会期>郵政改革法案で民主、国民新両党の調整つかず(毎日新聞)
航空自衛官 帰宅途中の女性に痴漢(産経新聞)
<雑記帳>落書きカメの捕獲失敗 山梨県職員ら(毎日新聞)

菅氏が立候補を正式表明 党再生に意欲 民主党代表選(産経新聞)

 民主党の菅直人副総理・財務相は3日夜、党本部で記者会見し、党代表選について「日本の再生というたいまつを鳩山由紀夫首相から引き継ぎ、実行につなげるため出馬したい」と述べ、正式に立候補を表明した。同時に「これぞ本来の民主党と言える民主党をつくらなければならない」と党再生にも意欲をみせた。

【関連記事】
樽床氏「衆院定数80削減を」 代表選出馬会見
狙いは“傀儡幹事長”か 樽床氏の出馬にちらつく小沢の影
圧倒的な“数の力”誇示 代表選に向け「小沢グループ」暗躍
岡田、前原、野田各氏が菅氏支持を表明 樽床氏は代表選出馬の意向 
民主党の玄葉氏も菅氏支持 
「はやぶさ」帰還へ

<口蹄疫>「終息宣言」受け えびの市内で田植え準備(毎日新聞)
<菅首相>組閣、枝野幹事長内定 11閣僚再任へ(毎日新聞)
菅新代表が国民新党の亀井代表と会談 連立政権維持で合意(産経新聞)
次期衆院選に出馬せず=鳩山首相(時事通信)
日米合意、新内閣でも尊重を=普天間移設で岡田外相(時事通信)

<参院選>「日本創新党」党首の山田氏、出馬を正式表明(毎日新聞)

 地方自治体の首長らが結成した「日本創新党」党首の山田宏・東京都杉並区長は25日、同区役所で記者会見し、31日付で区長を辞職し、夏の参院選に立候補する意向を正式に表明した。25日、区議会に辞職願を提出した。選挙区、比例代表のどちらかは「調整中」として明言を避けた。

 山田氏は「党首としての責任を負い、先頭に立ってやらなければいけない」と決意表明。来年4月26日までの任期を残しての辞職については「参院選を逃したらあと3年、選挙がない可能性がある。国が倒れたら杉並で努力しても水の泡になる」と述べた。

 山田氏は京大法学部卒。松下政経塾から都議(2期)を経て93年衆院選で日本新党から初当選。99年4月に杉並区長に初当選し、現在3期目。

【関連ニュース】
日本創新党:参院選比例代表に山田党首 杉並区長を辞職へ
日本創新党:中田・前横浜市長ら比例に擁立…参院選
日本創新党:基本政策を発表
日本創新党:首長らが新党 党首に山田・東京都杉並区長
ファイル:内政・外交・安保 参院選 日本創新党、中田・前横浜市長ら擁立

自ら磨いて感謝とコスト意識=日航社員、車いす清掃―羽田空港(時事通信)
鳩山政権打つ手なし「どんな政策も効果ない」(読売新聞)
28歳の男女に聞く、異性に対し“イラッ”とくること(Business Media 誠)
「動くな」部下に二十数回銃口…道警警部補(読売新聞)
<爆発>自販機横のごみ箱、けが人なし 愛知・一宮(毎日新聞)

<口蹄疫>スーパー種牛を殺処分 全国ブランドに衝撃(毎日新聞)

 宮崎県で口蹄疫(こうていえき)が多発している問題で、農林水産省と県は22日、国の特例措置で同県西都市に避難していた「宮崎牛」のエース級種牛6頭のうち、最も精子供給量の多い「スーパー種牛」の「忠富士」が感染している疑いが強いと発表した。忠富士は同日、殺処分され、埋却された。他の5頭は経過観察措置とされた。宮崎牛を支えてきた優良種牛にまで感染が及んだことは、宮崎県のみならず全国の関係者に衝撃を与えている。

 6頭は県家畜改良事業団(同県高鍋町)が人工授精用に生産する冷凍精液の主力牛で、13日に同事業団から約20キロ離れた西都市の簡易牛舎に移された。牛舎は2メートル四方の部屋が七つあり、高さ3メートルの木板で仕切られている。神経質だった忠富士は、残りの5頭とは1部屋を置き、一番北側の部屋にいた。1頭に1人ずつ世話人が付き、観察を続けていたという。避難2日後の15日に同事業団で感染が確認されており、忠富士は避難前に感染した可能性が高い。

 全国の関係者が心配しているのは、もし残る5頭で感染が確認された場合、同県からの良質な子牛の供給が滞り、国産牛肉の生産基盤自体を揺るがす可能性があるためだ。

 宮崎県は肉用子牛の生産県。農林水産省の統計によると、07年8月〜08年7月に宮崎県内で生まれた肉用牛の数は繁殖用雌牛を含め約8万6500頭と、鹿児島県の10万300頭に次ぐ規模だ。

 宮崎産の子牛は、生育の早さと肉質の良さで評価が高い。宮崎県によると、09年度に県内で出荷された子牛7万7707頭のうち、「佐賀牛」で知られる佐賀県には3177頭、松阪牛の産地を抱える三重県に2604頭など、多くのブランド和牛産地に供給された。松阪牛の場合は4割を宮崎生まれが占めている。

 宮崎の種牛から採取された精液は県内の繁殖農家だけに提供されている。県によると、農家の需要を満たすにはストロー(管状の容器)の数で年間15万〜20万本が必要。優秀な種牛からは年に3万5000本程度の精液が採取できるため、残る5頭が無事なら量は確保できる計算だ。冷凍保存されている精液も約15万本あり、直ちに供給不足に陥ることはない。

 しかし、他の5頭に感染が広がれば話は別だ。冷凍精液のストックは1年程度で尽き、新たな種牛を開発するには数年程度かかる。ブランド肉の産地は鹿児島や北海道の子牛への切り替えを余儀なくされ、品質の高さで輸入肉と差別化してきた日本の畜産全体が地盤沈下する恐れもある。

 高島俊一・宮崎県農政水産部長は会見で「県畜産界のエースを失った。大変申し訳ない」と陳謝。同部の押川延夫次長は残る5頭の感染について「厳しいとは思う」と表情を曇らせた。また、同県西都市の黒木輝也さん(63)は肥育する約200頭の6割が「忠富士」の遺伝子を引き継ぐ。自身の牛舎でも感染が確認され、殺処分した牛の埋却作業に追われており、「今度は種牛までやられてしまった。もう宮崎の畜産はお先真っ暗だ」と声を荒らげた。

【関連ニュース】
口蹄疫:殺処分対象の種牛49頭延命を要望へ 東国原知事
口蹄疫:日本相撲協会が宮崎県に500万円
口蹄疫:「スピード感が大事」鳩山首相、赤松農相らに指示
口蹄疫:新たに5市町9農家で疑い 宮崎
口蹄疫:ワクチンの接種開始 家畜15万頭を対象に

医師、流産後も数カ月交際=発覚避けるためか―不同意堕胎容疑で送検・警視庁(時事通信)
警官ひき逃げされ重傷、犯人は仲間のバイクで逃走(読売新聞)
円高、株急落で対応協議=鳩山首相と菅財務相(時事通信)
<口蹄疫>国の支援を緊急要望 九州各県議会議長会(毎日新聞)
B型肝炎訴訟、福岡でも国側が和解協議入り表明(読売新聞)

<掘り出しニュース>土方歳三コンテスト全国大会 22キロ減の会社員、精悍さ出し優勝(毎日新聞)

 【北海道】土方歳三らしさを競う「第23回土方歳三コンテスト全国大会」が15日、函館市の五稜郭タワーで開かれ、全国から25人が参加した。

 素早い動きの殺陣や鬼気迫る表情で“最期の場面”を演じ拍手を集めた人だけでなく、コミカルなしぐさで笑いを誘う参加者もいて和やかな雰囲気に包まれていた。7回目の出場で、精悍(せいかん)さを出すために22キロ減量した森町の会社員、小川利人さん(30)=写真=が優勝。賞金10万円を獲得した小川さんは「(役作りを)手伝ってくれた友達とお酒を飲みたい」とうれしそうだった。【近藤卓資】

<生きる>心癒す弦の音色 川畠さん演奏会(毎日新聞)
<たちあがれ日本>片山元総務相の擁立検討 参院選比例(毎日新聞)
<B型肝炎訴訟>国側、和解勧告受け入れ表明 札幌地裁(毎日新聞)
<訃報>芳賀詔八郎さん65歳=カンバセーション代表取締役(毎日新聞)
<谷亮子さん>参院選に民主党から出馬…10日夕、表明へ(毎日新聞)

格差是正へ雇用基本法=参院選公約に盛り込み検討−民主党(時事通信)

 民主党は7日、正社員と非正規社員の格差是正などを目的とする雇用基本法(仮称)の制定を、参院選マニフェスト(政権公約)に盛り込む方向で本格的な検討に入った。国が同法に基づいて雇用基本計画を策定し、雇用に対する国、自治体、企業の責務を明確化するのが狙い。
 党の参院選マニフェストに関する研究会が同日まとめた報告書で明らかにした。報告書は派遣など有期雇用を含めた公正な働き方や、ワークライフバランス(仕事と生活の調和)の確保などを基本施策として打ち出すよう求めている。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察審、小沢氏「起訴相当」を議決〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

管理栄養士国試の合格率、32.2%(医療介護CBニュース)
9地点で月間日照時間最少=4月、寒暖の差大きく−気象庁(時事通信)
<大型連休>25年ぶり「雨なし」(毎日新聞)
イノシシ脱走! 茨城の農産物直売所で飼育(産経新聞)
覆面パトカーが事故=小学男児、腕を骨折−兵庫県警(時事通信)

<名張毒ぶどう酒事件>農薬以外の証拠 弁護団が主張の方針(毎日新聞)

 最高裁が名古屋高裁に審理を差し戻した名張毒ぶどう酒事件で、奥西勝死刑囚(84)の弁護団の鈴木泉団長は16日、名古屋市内で開かれた支援者集会で、最高裁が決定で退けた証拠の正当性も差し戻し審で主張していく方針を明らかにした。

 最高裁決定は、弁護団が提出した新証拠のうち、ぶどう酒に混入された農薬は奥西死刑囚が混入したと自白した農薬ではないとの鑑定結果の証拠価値を認めた。しかし、奥西死刑囚以外にも農薬の混入機会があった▽ぶどう酒瓶の王冠は歯で開けられていない−−など他の四つの証拠は「無罪を言い渡す明らかな証拠には当たらない」と退けた。鈴木団長は「総合的に無罪を立証しており、無罪を確実にするためにも(他の新証拠は)必要」と述べた。【沢田勇】

【関連ニュース】
名張毒ぶどう酒事件:再審開始決定取り戻したい…弁護団長
名張毒ぶどう酒事件:「再審決定を」支援者が高検に要請
名張毒ぶどう酒事件:惨劇の公民館すでに撤去
名張毒ぶどう酒事件:他の新証拠は否定 再審は再鑑定次第
名張毒ぶどう酒事件:差し戻しで奥西死刑囚「希望持てる」

公務員ボーナス、2年連続下げか=来月から民間給与調査−人事院(時事通信)
インスタントラーメンの父「安藤百福氏」特別企画(産経新聞)
悪天候で帰還1日延期=山崎さんのシャトル(時事通信)
立山黒部アルペンルート全面開通(産経新聞)
<福知山線脱線>JR西日本歴代3社長の起訴状要旨(毎日新聞)

無人貨物船に試料回収機能=15年度実現へ、開発室設置−宇宙機構(時事通信)

 宇宙航空研究開発機構の立川敬二理事長は15日の記者会見で、H2Bロケットで国際宇宙ステーション(ISS)に物資を運ぶ無人貨物船「宇宙ステーション補給機(HTV)」を片道の使い捨てではなく、ISSでの実験成果の試料を地上に持ち帰れるよう、回収機能を付ける方針を明らかにした。今月から「宇宙ステーション回収機研究開発室」を設置しており、2015年度の実現を目指す。
 立川理事長はまた、宇宙科学研究所が開発してきた固体燃料ロケットシリーズの後継機となる小型ロケット「イプシロン」の開発に本格着手し、13年度の試験1号機打ち上げを想定していることを明らかにした。イプシロンは3段式で、H2Aロケットの大型補助ロケットSRB−Aを第1段に利用する。主に小型科学衛星を安く打ち上げることを目指している。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
【Off Time】再生-富士山測候所の今
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
〔用語解説〕「国際宇宙ステーション」

野菜高騰 スーパーは出血覚悟の「大放出セール」(毎日新聞)
東京少年少女合唱隊創設者の長谷川新一氏死去(時事通信)
<自民党>参院選比例代表候補 中野正志氏を公認(毎日新聞)
寛仁さま、トルコへ(時事通信)
<記者過労死>原告の請求棄却 東京地裁(毎日新聞)

「被爆桜」咲いた 滋賀・彦根の小学校、植樹の卒業生訪問(産経新聞)

【ふるさと便り】

 滋賀県彦根市蓮台寺町の市立若葉小学校で、平和学習の一環として昨年10月、敷地内に植えられた「被爆桜」の苗木が今春、初めて花を咲かせ、植樹した卒業生が訪れた。

 この桜は、広島市の私立安田女子中学校の生徒会が、原爆の悲惨さを伝えようと、被爆したソメイヨシノから接ぎ木して増やした苗木。昨年10月、若葉小の6年生83人が苗木を分けてもらい、卒業記念に植樹。合わせて後輩たちに向け原爆を耐え抜いたサクラの物語を紙芝居で発表した。

 卒業生は今月、彦根市立南中学校に入学し、うち4人が中学校の制服を着て若葉小を訪問した。

 卒業生の山本健吾くん(12)は「原爆の怖さを授業で学んだ。一度は黒こげになったサクラが花を咲かせるなんてすごい」と話していた。

【関連記事】
桜木町に桜を植樹 「名物の並木復活を」と画家の柴山さんら
「被爆桜」引き抜かれる 広島の平和記念公園
桜3千本8キロ続く並木達成 安藤忠雄氏「大阪府民の力」
京都の「河津桜」がほぼ満開
上海に桜2千本植樹 さくらの会と静岡県
外国人地方参政権問題に一石

スリ未遂、今度は文科省職員…「ほかにも」(読売新聞)
「肩代わり」法案が衆院通過(医療介護CBニュース)
これが貧困ビズ「囲い屋」の手口、巧みに生活保護申請させ紹介料(産経新聞)
大和ハウス奈良工場、2月にも火災 4千平方メートル焼く(産経新聞)
同日選で政権選択を=参院福岡で候補擁立−みんな・渡辺氏(時事通信)

幹事長に園田氏、参院代表・藤井氏…平沼新党(読売新聞)

 新党「たちあがれ日本」の平沼赳夫代表、与謝野馨共同代表ら国会議員5人は12日、都内で会合を開き、園田博之・元官房副長官を党幹事長に起用する人事を決めた。

 藤井孝男・元運輸相は参院代表、中川義雄参院議員は参院幹事長にそれぞれ就任する。

 会合には、石原慎太郎・東京都知事も参加し、今夏の参院選では、「10議席以上の獲得」を目標とすることを確認。公約についても、10日の発足時に発表した基本政策をさらに具体化させ、早期に発表することを決めた。藤井参院代表は会合後、記者団に、「(参院候補者は)公募も含めて幅広く募りたい」と述べた。

 園田氏の幹事長起用は、新党さきがけ出身として、自民党以外にも与野党に幅広い人脈を持ち、政策にも通じている点を考慮したものだ。

期限切れワクチン、確認せず接種=中高生4人に−千葉・袖ケ浦(時事通信)
父「刺すなら刺せ!」で娘が本当に刺した(スポーツ報知)
監禁容疑で6人逮捕=公園前路上の男性遺体−警視庁
川崎マンション火災 3歳の双子死亡、祖母は重体(毎日新聞)
<完熟マンゴー>「太陽のタマゴ」2個で20万円 宮崎市場(毎日新聞)

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
リンク
携帯ホームページ
無料ホームページ
無料ホームページ
カードでお金
ネットビジネス
パチンコ攻略
selected entries
archives
recent comment
  • <トマト>声かけ&モーツァルト効果!? 1粒の種からたわわに(毎日新聞)
    みっくみく (08/26)
  • <トマト>声かけ&モーツァルト効果!? 1粒の種からたわわに(毎日新聞)
    にゃん子 (06/03)
  • <トマト>声かけ&モーツァルト効果!? 1粒の種からたわわに(毎日新聞)
    桃医 (01/08)
  • <トマト>声かけ&モーツァルト効果!? 1粒の種からたわわに(毎日新聞)
    オリンキー (01/02)
  • <トマト>声かけ&モーツァルト効果!? 1粒の種からたわわに(毎日新聞)
    玉木よしひさ (12/28)
  • <トマト>声かけ&モーツァルト効果!? 1粒の種からたわわに(毎日新聞)
    まろまゆ (12/19)
  • <トマト>声かけ&モーツァルト効果!? 1粒の種からたわわに(毎日新聞)
    きんちゃん (12/17)
  • <トマト>声かけ&モーツァルト効果!? 1粒の種からたわわに(毎日新聞)
    パイン (12/13)
  • <トマト>声かけ&モーツァルト効果!? 1粒の種からたわわに(毎日新聞)
    夜沢課長 (12/09)
  • <トマト>声かけ&モーツァルト効果!? 1粒の種からたわわに(毎日新聞)
    ちんたまん (12/04)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM